公開のご案内

◆ ハードディスク版の年度内の対応について(重要) ◆

ハードディスク版の年度内の受け付けは2021年2月2日(火)までとなります。 それ以降、年度末まで申請フォームを閉じますのでご了承ください。2021年4月になりましたら申請フォームを再開します。


国立国語研究所「日常会話コーパス」プロジェクトでは、 200時間規模の日常会話を収めた『日本語日常会話コーパス』(CEJC)の構築を進めています。 2021年度に予定している本公開に先立ち、コーパスの利用可能性や問題などを把握するために、 2018年12月に50時間分のデータをモニター公開しました。 CEJCモニター公開版の利用期限は、本公開を予定している2022年3月31日までです。 今回のモニター公開では学術研究利用の目的に限ります。 商業利用はできませんが,商業利用に向けた基礎研究は問題ありません。

2021年2月17日に、50時間のデータを2020年度版としてオンライン検索システム『中納言』で追加公開しました。2018年度版と合わせ100時間のデータを『中納言』で検索することができます。



公開方式

オンライン検索システム『中納言』での公開

  • 形態論情報(短単位情報)での検索と文字列検索ができます。音声・映像の視聴・ダウンロードはできません。
  • 登録の上、100時間のデータ(2018年度版・2020年度版)が無償で利用できます。
  • 参考:『利用規約』
  



ハードディスクでの公開

  • 映像・音声・転記テキスト・短単位情報・メタ情報・検索システムなどが含まれています。
  • 国語研究所と利用契約を結んだ上で50時間の会話データが利用できます。
  • コンテンツ利用は無償ですが、実費10,000円(税込)を申し受けます。
  • ハードディスク版の利用契約を結ぶと『中納言』のアカウントも発行されます。 詳細は【こちら】
  • 参考:『利用ガイドライン』『利用許諾契約書』
  






お問い合わせ先:cejc-monitor [at] ninjal.ac.jp

 お問い合わせの前に、FAQなどをお読みください。
 お問い合わせは日本語に限ります。