project/Developing a Computer Environment to Share Language Resources

実施計画

  1. 既存の言語資料の調査
  2. 調査結果に基づき,2種類の記述形式を定義
    1. 共有記述形式 (資料作成者が入力しやすい形式)
    2. 検索用XML形式(意味的には(ア)とほぼ等価だが,検索システムなどが扱いやすい形式)
  3. 実際の言語資料を共有記述形式で記述して,記述能力を評価,および,改良

研究成果

記述形式

散文向け

談話資料向け


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-15 (金) 12:41:50