2.インストールの方法

 『ひまわり』をコンピュータにインストールする方法を説明します。

2.1 動作環境の確認

 『ひまわり』をインストールする前に,お手持ちのコンピュータが,『ひまわり』の動作環境に適合するか,確認してください。

2.2 『ひまわり』本体のインストールの手順

(1) インストール

 まず,『ひまわり』のダウンロードの Web ページ から『ひまわり』ver.1.3 をダウンロードしてください。

 ダウンロードしたファイルは,LZH 形式で圧縮されています。Windows をお 使いの方は, Lhasa32 などの解凍ソフトを利用して,解凍してください。解凍する場所は,どこでも かまいません。

 解凍の結果,「Himawari_xxx」というフォルダがあるかどうか確認してくだ さい。「xxx」の部分には,バージョン番号が入ります。この『ひまわり』 フォルダがきちんとできていれば,『ひまわり』本体のインストールは終了です。

(2) Java Runtime Environment のインストール (Windows 以外の OS の場合)

 Windows 以外の OS をお使いの場合は,インストール先のコンピュータに JRE (Java Runtime Environment) がインストールされているか確認してください。インストールされていない場合は,JRE ver.5 もしくは,ver.1.4.2 をインストールしてください。参考までに,各 OS 用の JRE のダウンロードページを次に示します。

 なお,サン・マイクロシステムズの JRE ver.1.4.2 では,1.4.2_03 まで『ひまわり』の動作に影響のある不具合*1を含んでいることが確認されています。必ず,1.4.2_04 以降のバージョンを使用してください。

2.3 『ひまわり』の起動

 以上で,インストールは終了です。『ひまわり』の動作確認をかねて,『ひまわり』を起動してみます。

Windows の場合:
『ひまわり』フォルダ内のhimawari_chan_icon.png himawari.exe をダブルクリックしてください。Windows の設定によっては,himawari とだけしか表示されない場合もあります。このアイコンhimawari_chan_icon.pngを目印にしてください。
Windows 以外の OS の場合:
『ひまわり』フォルダに移動し,次のコマンドを実行してください。
% java -jar himawari.jar

 次のようなウィンドウが立ち上がれば,インストールは完了です。

himawari_man_startup.png



*1 正規表現のライブラリにバグがありました。

添付ファイル: filehimawari_chan_icon.png 1043件 [詳細] filehimawari_man_startup.png 1036件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-15 (金) 12:41:51