観察支援ツール FishWatchr/Mini

本ページは構築中です

3.観察結果の利用

3.1 観察結果

 観察を終了し,最初の画面に戻ると,観察した結果のリストが表示されるようになります。観察結果は,ページをリロードしたり,ブラウザを終了したりすると消えてしまいますので,注意してください。

#ref(): File not found: "fw_mini_list.png" at page "観察支援ツール FishWatchr/Mini/manual/application"

3.2 観察結果に対する処理

 「処理」のプルダウンメニューから項目を選択した後,処理対象の観察結果をタップしてください。

表示(Text):
観察結果を表の形式で表示します。
表示(XML):
観察結果を FishWatchr形式(XML)で表示します。
ダウンロード(Text):
選択した観察結果を Text 形式(タブ区切りのテキスト)に変換して,ダウンロードします。ブラウザの動作上,ダウンロードということになりますが,使用している機器からのダウンロードされるので,特定のサーバにアクセスするわけではありません。なお,iOSでは動作しません。
ダウンロード(XML):
選択した観察結果を FishWatchr形式(XML)に変換して,ダウンロードします。Textの場合と同様,使用している機器からのダウンロードです。なお,iOSでは動作しません。
サーバ保存:
選択した観察結果を FishWatchr Mini のサーバに保存します。保存した結果は,一定期間(1日程度)ダウンロードできる状態になります。期間を過ぎると,警告なしに削除されます。iOSは,上記のダウンロード機能が使用できないので,こちらを利用してください。

3.3 グループ結果のダウンロード

  • グループ名(1.2節)を入力し,「サーバ保存」を実行すると,グループ名付きで観察結果をサーバに保存できます。
  • グループ名を入力し,「グループの結果」ボタンを押すと,指定したグループ名の観察結果を FishWatchr Mini のサーバから一括してダウンロードできます。ダウロードされるファイルは zip 形式です。次の内容を含みます。
    • txt フォルダ: Text 形式の観察結果
    • xml フォルダ: FishWatchr 形式の観察結果
    • all_annotations.txt: Text 形式の観察結果を一つのファイルに統合した結果
  • グループ名は他の利用者と重複する可能性があります。授業で利用する場合は,すでに利用されていないか,事前にグループ名を指定して,ファイルをダウンロードしてみることをお勧めします(使用されていない場合は,空のファイルがダウンロードされます)。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-25 (金) 00:00:00 (729d)