観察支援ツール FishWatchr/利用者マニュアル/1_0

1.設定ファイル

 FishWatchr は,起動時に設定ファイル(config.xml)を読み込む。ここでは,その書式について説明する。

2.例(デフォルトの設定ファイル)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<settings>
  <!-- [注釈]⇒[話者優先],[ラベル優先] -->
  <button_type value="label" />

  <!-- [注釈]⇒[同時注釈] -->
  <isAnnotationMulti value="false" />

  <!-- [オプション]⇒[注釈連動再生] -->
  <isViewSyncMode value="false" />

  <!-- [オプション]⇒[注釈者名補完] -->
  <enableAutoFillAnnotatorName value="false" />

  <!-- [オプション]⇒[形式チェック] -->
  <enableValidateAnnotations value="false" />

  <!-- [オプション]⇒[フォント] -->
  <tableFontSize value="12" />
 
  <!-- マニュアルのURL -->
  <manual_url value="http://www2.ninjal.ac.jp/lrc/index.php?%A5%C7%A5%A3%A5%B9%A5%AB%A5%C3%A5%B7%A5%E7%A5%F3%B4%D1%BB%A1%BB%D9%B1%E7%A5%C4%A1%BC%A5%EB%20FishWatchr%2F%CD%F8%CD%D1%BC%D4%A5%DE%A5%CB%A5%E5%A5%A2%A5%EB%2F1_0" />

  <!-- 話者未指定時のデフォルト話者名 -->
  <default_discusser value="不特定" />

  <!-- ラベル -->
  <comment_types>
    <li name="良い" color="-65536" />
    <li name="悪い" color="-14336" />
  </comment_types>

  <!-- 話者 -->
  <discussers>
    <li name="話者1" />
    <li name="話者2" />
    <li name="話者3" />
    <li name="話者4" />
    <li name="不特定" />
    <li name="誤り" />
  </discussers>

  <!-- 注釈者名の指定 -->
  <!-- 空欄の場合は,
	システムのデフォルト値(ログイン + _in_ + ホスト名)が使われる
  -->
  <commenter value="" />

  <column_names>
    <li id="column1" name="番号" readonly="true" constraint="^\d+$" />
    <li id="column2" name="時間" readonly="true" constraint="^.+$" />
    <li id="column3" name="注釈者" readonly="false" constraint="^.*$" />
    <li id="column4" name="観察対象" readonly="false" constraint="^.*$" />
    <li id="column5" name="ラベル" readonly="false" constraint="^.*$" />
    <li id="column6" name="セット" readonly="false" constraint="^.*$" />
    <li id="column7" name="コメント" readonly="false" constraint="^.*$" />
    <!-- sample constraint
    <li id="column7" name="コメント" readonly="false" constraint="^.*\[\[.+?\]\]\s*(?=[\p{InCJKUnifiedIdeographs}\p{InHiragana}\p{InKatakana}\p{IsLatin}\p{N}]).+$" />
    --> 
   <li id="column8" name="補助情報" readonly="false" constraint="^.*$" />
 </column_names>
</settings>

3.書式

  • 要素名の右に「保存機能対応」とある要素は,[ファイル]⇒[設定の保存]時にその時されている設定が保存されます。

button_type (保存機能対応)

  • アノテーションの優先順位([注釈]⇒「話者優先」「ラベル優先」)の設定
  • 属性値
    • value
      • discusser ... 話者を優先する場合
      • comment ... ラベルを優先する場合

comment_types/li (保存機能対応)

  • ラベルの設定
  • 属性値
    • color
    • name
      • ラベルの文字列

commenter

  • 注釈者名の設定
  • 属性値
    • value
      • 注釈者名
      • 空欄の場合は,システムのデフォルト値(ログイン名 + _in_ + ホスト名)になる。

default_discusser

  • アノテーション時,話者を指定しなかった時のデフォルト値の設定
  • 属性値
    • value
      • 話者のデフォルト値

discussers/li (保存機能対応)

  • 話者の設定
  • 属性値
    • name
      • 話者名

isAnnotationMulti (保存機能対応)

  • [注釈]⇒「同時注釈」の設定
  • 属性値
    • value
      • true ... 行う
      • false ... 行わない

isViewSyncMode (保存機能対応)

  • 注釈と再生の連動表示([オプション]⇒「注釈連動再生」)の設定
  • 属性値
    • value
      • true ... 行う
      • false ... 行わない

enableAutoFillAnnotatorName (保存機能対応)

  • コメント入力時,行頭に自動的に注釈者を追加([オプション]⇒「注釈者名補完」)
  • 属性値
    • value
      • true ... 行う
      • false ... 行わない

enableValidateAnnotations (保存機能対応)

  • 注釈結果をファイルに保存する際,その形式をチェック([オプション]⇒「形式チェック」)
  • 属性値
    • value
      • true ... 行う
      • false ... 行わない

tableFontSize

  • 注釈結果テーブルのフォントサイズ([オプション]⇒「フォント」)
  • 属性値
    • value ()
      • デフォルト値は12

column_names/li

  • 注釈結果テーブルの列の定義
  • 属性値
    • id
      • 列id (column1〜column7)
    • name
      • 列名
    • readonly
      • 変更可否フラグ
      • true ... 変更可
      • false ... 変更不可
    • constraint
      • セルの形式
      • 正規表現で指定する。
      • 例: ^.*$ ... 任意の文字列(空欄も可)

manual_url

  • マニュアルのURLの設定
  • 属性値
    • value
      • マニュアルのURL

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-10 (金) 17:26:10 (68d)