言語地図データベース


・日本の方言学・言語地理学において1905年から2006年の間に作成された言語地図集とそこに収録された言語地図のデータベースです。
・現在進行中の全国方言分布調査とその準備調査(全国方言準備調査)の調査項目に関する情報も含まれています。
・このデータベースの作成には,以下の研究者が携わりました。(50音順)
新井小枝子,大西拓一郎,小西いずみ,竹田晃子,三井はるみ,吉田雅子
・作成作業は,国立国語研究所共同研究プロジェクト「方言の形成過程解明のための全国方言調査」に基づきます。
・データベースの内容は更新することがあります。
・次のリンクをクリックすると5種類のファイルを格納したZIPファイルがダウンロードされます。データベースの内容については,その中のPDFファイル「言語地図データベースについて」に記載しています。

言語地図データベースのダウンロード(ZIP形式,ファイル名(末尾は更新日):ladb_yyyymmdd,約1.3MB)

参考文献
竹田晃子(2011)「言語地図データベースの概要」大西拓一郎・吉田 雅子・竹田晃子・鑓水兼貴・新井小枝子・小西いずみ・高木千恵・日高水穂・舩木礼子・松丸真大『方言の形成過程解明のための全国方言調査―「事前研究」報告書―』(国立国語研究所共同研究報告 10-03)


公開開始日:2014.02.25